成長したい人必見!/株式会社オープンハウス/社長・荒井正昭さんの魅力/急成長を遂げる理由とは?

株式会社オープンハウス 代表取締役社長 荒井正昭氏の魅力を深掘り

『東京に、家を持とう』のキャッチフレーズでおなじみのオープンハウスは売上高1兆円を目標に急成長を継続しています。オープンハウスの創業者であり、代表取締役社長である荒井正昭さんはどのような思いや考えを持って先頭に立ち続けているのでしょうか。

今回はそんな荒井正昭さんの魅力を深掘りします。

不動産事業を通して社会貢献のできるオープンハウスで働いてみたいと考えている方は、採用に関する情報もありますので、ぜひ最後までご覧ください。

 
 

荒井 正昭とは?

プロフィール

荒井 正昭(あらい まさあき)
  • 生年月日:1965年10月29日

  • 出身:群馬県太田市

  • 株式会社オープンハウス創業者兼代表取締役社長 ・資産2460億円、日本の富豪24位(「日本長者番付」2022)

経歴

1965年10月 群馬県新田郡藪塚本町(現太田市)で誕生
1984年3月 群馬県立桐生南高等学校卒業
  高校卒業後、2年間予備校生活
1987年10月 株式会社ユニハウス入社
1997年9月 株式会社オープンハウス創業
2022年1月 株式会社オープンハウスグループ 代表取締役社長就任

荒井正昭の思考の原点に迫る

将来像を描く(~高校時代)

荒井正昭さんは、不動産業を営む家庭に生まれました

週に2日しか働いていなかったにもかかわらず、裕福な暮らしを実現していた父親の姿を見て育ったため、将来サラリーマンになるという発想には至らなかったそうです。

「将来、偉くなりたい。お金持ちになりたい」と思うことが当たり前の時代に育ち、中学生の頃は、司法書士という夢を持ち、「将来の年収は5000万円。結婚は22歳」と具体的な数字まで決めていました。

ビジネスマンとしての思考の礎を築く(予備校時代~サラリーマン時代)

高校卒業後は、群馬から上京し、予備校に通いました。

2浪を経て、今度こそ勉強をしようと決意を固めた矢先、母親から「帰郷しなさい」と言われたそうです。

しかし、田舎に帰りたくなかった荒井正昭さんは司法書士の資格取得のため、専門学校へ通う学費を自ら稼ぐべく、歩合制の不動産の営業職に就きました

結果的には、仕事が面白く、10年間も勤め上げます。

そんな荒井正昭さんは、入社3年目にトップの営業成績を取った以来、退社までほとんどトップの営業成績を取り続けました

自身をサラリーマン向きではないと言う荒井正昭さんが10年間もサラリーマンとして勤務したのは、「自分と会社の成長が楽しかったから。」とされています。

過去に、「0歳~24歳の頃の自分はダメな人間だった。仕事を通してマトモな人間になれた」とも発言していることから、サラリーマン時代の仕事を通して、考え方などが変化したことが分かります。

創業者としてさらなる成長を遂げる(オープンハウス設立~事業拡大)

オープンハウス創業当初は、不動産流通の世界的ネットワーク『センチュリー21』の加盟店であり、起業から5年で加盟店売上1位を目指していましたが、わずか3年で全国1位を達成するなど、想定以上の角度で成長を遂げています。

次の目標はどうするかと考えた際には、「どうせやるなら不動産流通業で日本一に、いや不動産流通業だけでは面白くない。

不動産業界で日本一の企業になろう」と目標が進化。

現状に満足すること無く、より高みを目指し続ける荒井正昭さんの考え方が表れた瞬間ではないでしょうか。

株式会社オープンハウスの概要

株式会社オープンハウスは急成長を遂げており、地域にも密着している企業なので、どのような会社なのかご存知の方も多くいらっしゃるかもしれませんが、簡単に概要を紹介します。

商号 株式会社オープンハウスグループ
代表者 代表取締役社長 荒井 正昭
本社所在地 〒100-6312 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F
創業 1997年9月
資本金 200億7008万円
従業員数(連結) 4,080名(2022年3月末時点)
事業内容 ■戸建関連事業(2001年~) ■マンション事業(2008年~) ■収益不動産事業(2011年~) ■米国不動産事業(2017年~)
売上高 810,540百万円(2021年9月)

株式会社オープンハウスの新たな取組み

株式会社オープンハウスは、『東京に、家を持とう。』のキャッチフレーズのもと、都内の駅チカ新築一戸建てなど、安価に条件の良い物件を提供することで業績を伸ばしていることで有名ですね。

そんなオープンハウスですが、新たな取組みが続々と発表されていますので、抜粋してご紹介します。

■オンライン販売サービス「OPEN RESIDENCIAオンラインストア」のリリース

オープンハウスは、2022年6月7日「不動産をスマホでポチる時代へ」という表題で、マンションのオンライストアである「OPEN RESIDENCIA オンラインストア」をOPENしたことを発表しています。

物件情報をオンラインで閲覧、選択することによって時間も場所も選ばず、自分のペースで物件を探し、購入申込を行う事が可能になります。

また、すべての掲載物件の価格、パンフレットや図面などの資料閲覧、購入資金の簡易審査などのシミュレーションも行えます。

■太陽光発電定額サービス「ずっともソーラー(フラットプラン)」の提供開始

東京ガス株式会社と業務提携を結び、新築注文住宅を建設する全国のお客様を対象に、初期費用が設置工事費のみで太陽光発電設備を導入する「ズッ友」の提供を開始しました。

設置工事費のみの初期費用で太陽光発電設備を導入することができ、その後の契約期間中も、月々定額のサービス料を支払うことで、太陽光発電設備で発電した電気を利用できます。

■DX/IT/デジタルマーケ専門職人材「圧倒的強化」

2023年売上高1兆円達成という目標に向け、デジタル技術の活用による業務効率化への期待はますます大きく、不動産行業の先例にとらわれない最先端技術の積極的採用を図り、更に一段深いデジタルトランスフォーメーションの実現のために、業界の垣根を超えて、IT・デジタル人材、データサイエンティストの採用をより一層「圧倒的」に強化することを発表しています。

「紙中心の商習慣」が古くから重要視されてきた不動産業界に一石を投じる戦略や、太陽光発電の利用など、社会にも個人にも有用な取り組みによって、売上高を伸ばしていくことが期待されます。

これまでの慣習にとらわれず、新たな取組を積極的に実施していく荒井正昭さんの姿勢がオープンハウスの成長にもつながっていると言えそうですね!

株式会社オープンハウスの社会貢献

オープンハウスでは、地域や社会の存続が、企業の持続的な発展にとって重要な課題であるという認識の上、さまざまな活動および支援を行っています。

社会貢献活動やスポーツ振興を通し、社会課題の解決・地域の活性化に取り組むとともに、「やる気のある人」が、チャレンジを続けられる環境を支援しています。

また、荒井 正昭さん個人としても群馬県太田市に就学・スポーツ支援のために5億円を、県など含めて総額10億円を寄付するなど、地域貢献を積極的に行っていることがわかります。

■地域社会への貢献

オープンハウスグループは、東京都内を中心に、さまざまな地域に多くの事業拠点を有しており、良き企業市民として貢献するため、各地域コミュニティのニーズに応じた活動を行っています。

具体例として、営業センター周辺での清掃活動、県警と連携した犯罪抑止活動、営業センター内にキッズスペース・授乳室を完備などが挙げられます。

■教育活動

オープンハウス・グループでは、日本の未来をつくる子どもに対し、数々の支援を行っています。

コロナ禍では、生活が一変した子どもたちや学童職員の方々に対し、ヤクルトを合計1万本配布しています。

また、継続的に児童養護施設・グループホームなどを運営する団体への支援や就業体験学習の受け入れを行っています。

■文化芸術振興

新型コロナウイルスの影響で、少し早い春休みを過ごすこととなった小学生に向けて、オープンハウスグループの「頑張る人を応援する」という考えに基づき、絵画コンテストを開催した実績があります。

また、そのコンテストで大賞に選ばれた子どもたちと、日本の元プロフィギュアスケータである鈴木明子さんが「夢」を語る会も開催しています。

■スポーツ振興

  • プロ野球「東京ヤクルトスワローズ」や「福岡ソフトバンクホークス」の支援
  • 代表取締役社長 荒井正昭さんの地元である群馬県のプロバスケットボールチーム「群馬クレインサンダーズ」のスポンサー
  • スノーボード・陸上の小須田潤太選手の受け入れおよび支援
  • 東京六大学野球無料LINE配信「BIG6.TV」のスポンサー

などなど…。

組織の規模にかかわらず、多様な支援を行っています。

採用情報

荒井正昭さんが「これからも若手社員が希望を抱ける会社にする。だから売上一兆円を目指す。」と企業HPのインタビューでも語っているように、採用にも力を入れていることが読み取れます。

ここまでの記事を読み、「オープンハウスで働いてみたい!」「荒井正昭さんのもとで成長したい!」「不動産業で社会に貢献したい!」と考えた方も多いのではないでしょうか?最後に、中途採用の簡易的な概要を掲載します。


募集職種 営業職

募集部門 営業本部
給与 月給33万円+賞与(年2回) 中途入社5年目平均年収:1,025万円(平均年齢29歳)
職務内容 ①住宅営業②土地仕入営業③収益不動産営業④米国不動産営業
勤務地 東京・神奈川・埼玉・群馬・名古屋・大阪・福岡などの各営業拠点
就業時間 9:30~18:30(休憩60分)
年間休日 112日(107日+計画的有給付与5日)

募集職種 建設技術職(例:【東京】注文戸建設計)

募集部門 建築事業部
給与 390~800万円 月給33万~ ※現年収、ご経験値により決定
職務内容 お客様のご要望にマッチした設計プランの作成 (現場の調査⇒お客様の要望をヒアリング⇒設計図面の作成⇒書類作成⇒引継)
勤務地 東京都渋谷区
就業時間 9:00~18:00(休憩60分)
年間休日 112日(107日+計画的有給付与5日)

 

さらに詳細に知りたい方は、企業の採用HPもご覧ください。

まとめ

株式会社オープンハウスについて創業者兼代表取締役社長である荒井正昭さんの考えや企業のカラーなどを知っていただけましたでしょうか?

成長したいなら、成長企業に入社することを勧められることが多いように、さらなる成長を求めて転職活動をしている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

オープンハウスは、不動産業で消費者に寄り添ったサービスを展開しているだけではなく、不動産業界に一石を投じる新たな取組の推進やDX化、さらには社会貢献に積極的に取り組んでいる企業のため、仕事を通して大きな価値を手に入れることができそうですね。

今回紹介した、オープンハウスの荒井正昭さんは勢いのある企業を短期間かつ一代で作り上げてきた敏腕社長であり、大規模な企業に成長しても「社長に会える」、「トップが何を考えているかを知れる」ため、力をつけたい方にピッタリです。

さあ、自分のキャリアの可能性を見つけ、向いてる仕事や目指す目標へ向かって歩んでいきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。