トスワークから電話がくる人材を社長がスカウトしたい理由とは!?

トスワークから電話がくる人材を社長がスカウトしたい理由とは!?

トスワークは、即戦力や高い収益人材を探すためのスカウトを行っている会社です。

しかし、トスワークからいきなり電話でアプローチが来て戸惑った人もいるでしょう。

本当に社長が私を求めているのか疑問に思う人もいるかもしれません。

そこで今回は、トスワークの事業内容、評判、そしてなぜ社長がスカウトを求めるのかに注目し、トスワークの実態に迫っていくことにしましょう。

トスワークとはどのようなサービスを提供しているのか

トスワークのホームページを見てみました。

各企業の未来や働く人の未来に貢献するためのスカウト事業を展開しているようです。

トスワークでは、サーチ型のスカウトサービスを行っており、登録型の人材紹介や人材派遣とは異なるサービスを提供しています。

サーチ型のスカウトサービスというのは、クライアントである企業からの依頼を受け、独自の方法で即戦力になる人材や高収益人材を探し求め、クライアントに引き合わせるサービスです。

トスワークを利用したいと考える社長は多いのは、従来の転職媒体には出てこないようなハイキャリア人材を獲得できるからでしょう。

トスワークは年間1,500名以上ものスカウトを実現している圧倒的なリサーチ力が売りのようです。

社長がなぜスカウトかと疑問に思っていた人もいるかもしれませんが、トスワークに特徴的なスカウト方法やこれまでの実績を踏まえて考えて見ると、トスワークにスカウトを任せたいという気持ちも理解できるのではないでしょうか?

ハイキャリア人材を獲得することによって、クライアントである企業が成長する可能性も高くなるため、トスワークを利用したいと考える社長も多くなっていると考えることができます。

トスワークの評判とは

ネットで調べると、様々な評判が書かれています。

ただ、ネットの評判はどうしても情報の信憑性に欠けることは理解しておくべきだと思います。

トスワークのホームページに掲載されている関連会社は日本最大手のスカウト会社のようですので、ある程度安心できるはずです。電話がかかってきたらお会いしてみるのも一つではないでしょうか。

自分がどのような点で企業から求められているのか分かると思います。

社長がスカウトを求める理由

ビジネスでは日々スピードが求められます。

ビジネスを大きくしていくには、その事業を統率できる人材が必要不可欠です。

もちろん社内にそういった人材がいれば問題ないですが、なかなかそのような人材が育っていないと悩む経営者が多いのも事実です。

また、事業の中核となる柱1本だけでは、刻一刻と変化するビジネス環境下で心もとないのが正直なところではないでしょうか。

今後も安定してビジネスを展開していくなら、2本目、3本目と大きな柱を育てていかなければいけません。

とくに2020年はコロナの影響を受け、いち早くビジネスモデルを大変革させなければ生き残れない企業も多く存在しました。

そのような中で、即戦力として現場ですぐに活躍できる社員がいなければ、社内で1から育てないといけません。

しかし、社内で育成するには非常に時間がかかるものです。

そこで、飛び道具のような形でスカウトを求める会社が多いのです。

社外から即戦力となる優秀な人材を受け入れることで素早くビジネスを展開することができ、競合他社より優位に立つことができるのです。

トスワークの案件を一部紹介

優秀な社員像2名

トスワークのスカウト事業は幅広い業界を網羅しています。

どのような業界の案件があるのか見ていきましょう。

建設・不動産業界

業務の拡大を検討する会社も多いため、人材不足傾向にあります。

そのため、優秀な人材をスカウトで採用したいと考える傾向が強くなっているのでしょう。

卸売業界(商社を含む)

変化に対応できるような人材はもちろんですが、交渉能力が高い人材も卸売業界では求められています。

プレゼンテーション能力がある人も卸売業界の社長から注目される傾向が比較的高まっていることも特徴だと言えるでしょう。

小売業

小売業では、スーパーやコンビニなどの幹部候補や店舗責任者になれる人材が求められています。

これまでにはない柔軟な発想ができる人材も重宝がられる業界です。

食品業界

食品業界は、海外展開を目指した動きが目立っています。

英会話スキルを持つ人材や海外で事業を行った実績がある人材は、ハイキャリアな高収益人材として重宝されることでしょう。

医薬品業界

医薬品業界がスカウトしたいと考えているのは、現場での経験がある人材です。

特に調剤薬局では、マネジメント能力が高い管理薬剤を求めるケースが多くなっています。

金融業界

金融業界が求めている人材は、アドバイザリー業務の経験がある人材です。

なぜなら、金融業界ではM&Aのニーズが高まっているためです。

業界を俯瞰できることも必要なスキルだと言われています。

倉庫・運輸業界

ドライバーの人手不足が目立っている倉庫・運輸業界ですが、ドライバーだけではなく、現場をまとめられるようなマネジメント力がある人材を求めるケースが多くなっています。

また、労務管理や営業のスキルがあると即戦力として活躍しやすくなる業界でもあります。

情報・通信業界

情報・通信業界の場合は、プロジェクトマネージャーやWebディレクター、Webプロデューサーなどとして活躍できる人材をスカウトする傾向が強まっています。

判断力の高さも重要視されます。

トスワークではこの他にも、広告を含むサービス業界や化粧品を含む化学業界、電機・自動車業界、金属製品業界などの業界でスカウト事業を展開しています。

さらにそれだけではなく、CEOなどの経営者や経理・財務などを行う管理職、新規事業立ち上げに必要な人材、起業したばかりのアーリーステージ企業に対するスカウト事業も行っているのです。

つまり、トスワークはかなり幅広い業界において、大きな役割を担っていることがわかります。

世の中のスカウト事例 ~リクシルのケース~

スカウト事例はほとんど表に出ることがないため、知らなかったという人も多いでしょう。

そこで、実際の事例を見ながら、スカウトの魅力について紐解きます。

スカウトの実例は基本的にタブーだけれど・・・

スカウトやヘッドハンティングの実例を公開することは、タブー視されているので表に出ることがほとんどありません。

しかし、スカウト業界においてリクシルの社長が2代連続でヘッドハンティングされたという話は有名です。

M&Aを行うことでリクシルは会社の規模を大きくしようとしていたため、アメリカのゼネラル・エレクトリックで活躍していた藤森義明氏が抜擢されたと言います。

現社長の瀬戸欣哉氏もスカウトされた人物

瀬戸欣哉氏はリクシルグループの会長兼社長兼CEO(2020年11月時点)ですが、藤森義明氏に続いてヘッドハンティングされた人物です。

瀬戸氏はインターネットを駆使して工具の通販を行っているMonotaROを立ち上げをはじめとし、計11社もの会社を立ち上げたという実績を持っています。

実は2018年に一度リクシルを突然解雇されるという波乱がありましたが、2019年に株主総会で株主提案を提出し、再度CEOに戻っています。

藤森義明氏とはタイプが異なりますが、「ドゥ・ザ・ライト・シング」をモットーに、どんなときも自分の頭で考えて正しいことを行うという姿勢が魅力的な方です。

また、成長したグループの整理や統合も得意としているため、リクシルの社長として活躍することが期待されています。

トスワークの登録方法は?

トスワークは、スカウトされるのをただ待つだけではなく、こちらで登録することもできます。

登録方法を会社視点と候補者視点に分けて解説します。

サービスを利用したい会社向け

スカウトを依頼したいと考えている企業がトスワークの関連会社に問い合わせをします。

そこで関連会社から企業にニーズをヒアリングしていくことが第一歩となっています。

その後、関連会社がトスワークにリサーチやアポイントの依頼をすることで、スカウトする人物のリサーチがスタートするという仕組みになっています。

サービスを利用したい人向け

トスワークのホームページにある「会員登録」フォームから登録できます。

こちらに名前や住所などの基本情報、転勤可否、役職、職務経歴書、自己PRなどを記載して送信するようです。

転職を考えている方は、積極的にサービスを活用するのも一つの手段としてありではないでしょうか。

おすすめ本の紹介|ビジネスエリートへのキャリア戦略

今回おすすめする本は『ビジネスエリートへのキャリア戦略』です。

マッキンゼーやゴールドマン・サックスなどのキャリアチェンジの支援をおこなってきたキャリアコンサルタントが実際に何を教えているのか、記している本です。

なぜ、今の時代は若い成功者が活躍するようになってきたのかということについても知ることができます。

その背景にある戦略的なキャリア設計法は、これから経営者などを目指したいと考えている人にも必見です。

『ビジネスエリートへのキャリア戦略』には、以下のような口コミがあります。

この本を通じて、絶えずキャリアを意識して仕事をすることの重要性を再度確認した。

仕事の忙しさにかまけて、意外と振り返ることがなかった自分に反省を促したい。

絶えず準備は大事かと思います。
引用元:Amazon

キャリアを意識して仕事をし続けることは簡単ではありません。

しかし、きちんと意識し、振り返る時間を作ることができなければ、ビジネスエリートへのキャリアを積んでいくことは難しいと実感した人もこの本を読んだ中には多くいるようです。

自分自身を見直す機会を作りたいと考えているビジネスパーソンや経営者におすすすめできる本の1つだと言えるでしょう。

興味がある人はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。