子育て支援ベンチャー企業社長として活躍する森光太郎について調べてみた

近年、子育て支援企業が数多く登場する中、2001年からいち早く子育て支援事業を開始し年々成長し続けているベンチャー企業をご存じでしょうか?

子育て支援ベンチャー企業として知られる株式会社エンファムでは、子育て中のママや子どもたちに向けて、育児情報の提供親子で楽しめるイベントなどを開催しています。

今回は、エンファムの創業から現在に至るまでの話代表を務める森光太郎について調べてみたので、詳しくご紹介していきましょう。

森光太郎やエンファムについて興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

森光太郎ってどんな人?

引用元:https://www.wantedly.com/companies/l-ma

まずはエンファムの代表・森光太郎が、これまでどのような人生を送ってきたのかについて調べてみました。

森光太郎の生まれ・生い立ち・家庭環境や趣味・性格、学生時代のことに至るまでそれぞれご紹介していきます。

生まれ・生い立ち・家庭環境について

森光太郎(以下、森氏)は、福岡県で生まれ育ちました。
実家は祖父の代から開業医をしていたことから、跡継ぎとしての教育を受けたそうです。

森氏自身も物心ついた頃から医者になるつもりでいたそうですが、姉の方が出来が良かったことから勉強に対してのコンプレックスが根底にあったと話します。

小学校に進学する際にも受験を経験していますが、姉は名門校に受かったものの自身は受からず、すべて落ちてしまいました。
このような経験から、常に勉強へのコンプレックスを感じていたようです。

それから、小学6年生の頃に母親が家を出ていき、中学1年生の頃に離婚調停が始まり、森氏が20歳の頃にやっと離婚が成立します。

多感な時期に辛い経験をしたことにより、傷つき涙を流しことも数え切れないほどあったようです。

森氏の境遇は開業医の跡取り息子という非常に恵まれたものでしたが、両親が離婚したことでがらりと人生が変わってしまいました。

趣味・性格について

森氏は幼い頃からぽっちゃりはしていたものの、小学生の頃に野球部に入部していたことから、体を動かすことは好きだったことが分かります。

また、地元では頭が良い方だと自身で語っていることから運動だけでなく勉強にも力を入れていたのではないでしょうか。
しかし、勉強面で挫折を経験したことに加えて、家庭内の環境も小学校6年生で一変します。

それから医師になることを諦め医学部へ行かずに、別の大学へ進学した際に再び野球を始めます。
このことから、森氏は野球が好きだったことが分かります。これは、現在も野球を趣味としていることからも確かなようです。

そして、医師になることを途中で諦めていますが、勉強へのコンプレックスや医師への理想像を強く持っていたことから、完璧主義に近い性格だったと考えられるでしょう。

学生時代・出身校について

森氏の出身高校は県立で最もレベルの高い福岡県立修猷館高校ですが、進学できたものの次第に周りについていくことができず学校をさぼるようになってしまい、学年最下位まで成績が落ちてしまったそうです。

毎年進級会議に引っかかってしまうものの何とか卒業し、医師になるべく様々な大学の医学部を受験しますが、落ち続け2年間浪人生活を過ごします。

そして、浪人生活を終えた頃に父から言われた言葉をきっかけにして医師になることを諦めてしまいました。
当時国立大学にも合格していましたが、医師にならないのであれば東京に出たいと考え日本大学生産工学部へ進学します。

大学生時代は、医師になることへのプレッシャーから解放されたからか、軟式野球部や野球サークル活動を精力的に行う等、失った青春を謳歌しました。

失敗の連続だった会社員時代と成功のきっかけについて

学生時代からコンプレックスを抱きながら、いくつもの挫折を経験してきた森光太郎は、大学卒業後も苦労や挫折の連続でした。

ここからは、失敗の連続だった会社員時代と成功のきっかけについてご紹介します。

就職後の苦労や挫折

大学卒業後、最初の苦労は就職活動の時でした。
当時、就職氷河期真っただ中で就職活動を行っており、履歴書を送りますがことごとく落ちてしまいます。

何とかジュエリー会社への就職が決まり、ジュエリーを販売する仕事に就きますが、デザイナーの使い走りのような仕事で転職を考え始めた矢先に、会社からリストラを突きつけられます。

しかし、入社1年目でも退職金が100万円出たので、海外旅行へ行ってからデザイナーになるべくMacデザインアカデミー専門学校へ通い始めます。
バイトをしながら専門学校へ通っていたので、当時は休みもなければお金もない苦学生生活を体験したそうです。

無事、専門学校も卒業し東京にある小さいデザイン事務所へ就職しますが、ここも決まっていた大きな仕事がなくなったからと、2度目のクビを経験します。

2度もリストラを経験した森氏はすっかり意気消沈して地元である福岡へ帰り、就職活動を再開しました。
意外とあっさり広告代理店への就職が決まり、そこで育児PR誌を手掛けるようになったのです。

ここまで波乱万丈な人生を送ってきた森氏の苦労や挫折は計り知れないものがあります。
それでもめげずに前に進み続けてきたからこそ、成功した今があるのでしょう。

会社員時代の成功体験

広告代理店で育児PR誌を手掛けるようになりますが、最初は会社から言われた通りのものを作り、幼稚園や保育園などに送るだけでした。

なかなか広告に対してのリアクションが得られないことから、広告を出す会社側も効果がないと手を引いていってしまい、社内でも媒体そのものを止めようという考えに至ったそうです。

しかし、森氏はせっかく良いコンテンツなのに止めてしまうのは違うと考え、会社に交渉した結果森氏がすべてを担当することとなりました。

その後、森氏はPR誌を届けた幼稚園などに足を運び、先生の話を聞いたり育児現場を見学させてもらったりする中で、コミュニケーションの大切さを学びます

そして、育児PR誌を送り付けるのではなくママさんアルバイトに届けてもらうようにしたところ、徐々に流通し始め広告のリアクションも出るようになり、再び広告が売れるようになりました。

これが、森氏の成功体験となります。

起業に至ったきっかけ

手掛けていた育児PR誌が売れ始めると、今度は会社側からもっとこうしろ、編集には有名なライターを使えなどと指示されるようになります。

森氏は現場とのコミュニケーションを大切にしていたので会社と直接交渉しますが、会社側は森氏に無断でママアルバイトを解雇してしまいました。
これには森氏も異論を唱え、会社と交渉をしますが結局は喧嘩別れすることとなります。

会社を辞める際に、育児PR誌を手掛けていたスタッフに起業することを伝えると、11人中9人の社員が付いてきてくれることとなり、2001年12月25日に会社を設立しました。

勤めていた広告代理店との意見の相違が、起業に至るきっかけとなったのは驚きです。

育児支援事業「リトル・ママ」のスタートから現在に至るまで

引用元:https://enfam.jp/service/

森氏は、育児支援事業「リトル・ママ」を立ち上げ徐々に成長しながら現在に至ります。
ここからは、起業してから現在に至るまでを見ていきましょう。

森光太郎氏のエンファムでの役割について

森氏は起業当時、会社員時代を共にした仲間たちの中でも社長という立場になりました。

はじめこそ人間関係は良かったものの、会社が成長していくにつれて人間関係が悪化することもあったそうです。
しかし、そんな時も森氏は逃げず、社内で起こった人間関係の問題に真っ向から取り組みました。

森氏はこういったことは1度や2度ではなく何度もあったと話していますが、その度に何とか乗り越えながら現在のエンファムが作られたのではないでしょうか。

エンファムが展開する事業について

エンファムが展開する事業は、森氏のこれまでの人生体験から「子どもの明るい未来を創造する」ことが基盤となっています。

起業当時から手掛けている育児情報誌「リトル・ママ」を全国へ広げ、ママと子どもが笑顔になるようなイベントや企画、サイト、アプリなどを事業として展開しています。

エンファムのこれからについて

エンファムは現在、より多くの人に認知してもらうためにWEBサイトやイベントを通じて全国のママとコミュニケーションを取っています。

今後も育児に対する支援として、育児情報誌の出版から子育てに役立つWEBサイトの運営、イベントなどの企画・運営、ママの就業支援など、幅広く展開していくことが予想されます

実際、ママが対象だったサービスとは別に、パパ・おじいちゃん・おばあちゃんに向けたサービス展開もしていくようです。

まとめ

今回は、育児支援事業を展開するエンファムの創業者であり代表でもある森光太郎氏の生まれや生い立ち、学生時代、会社員時代、起業に至るまでを遡り、ご紹介してきました。

森氏と社員が一丸となって進める事業の背景には、森氏がこれまで味わってきた苦労や挫折があります。

自分のような思いをさせたくないという考えから、ママたちを支援していこうと起業し現在に至るまで様々な苦労を重ねてきました。

今後も森氏は「自分たちはいいことをしていると胸を張れる仕事をしていきたい」としていることから、より多くのママや子どもたちへ支援ができるように事業を展開していくことが考えられます。

ママ同士が地域のコミュニティ以外でつながれることはそうありません。
しかし、森氏が手掛ける「リトル・ママ」であれば全国のママたちがつながり、孤独を抱えることなく笑顔で育児ができるようになるでしょう。