BANK代表の光本勇介氏が薦める国民的漫画で発想力を磨こう!

光本勇介氏は、2017年2月20日にインターネットビジネスの企画や開発、運営を行う株式会社BANKを設立しました。

株式会社BANKを設立する以前にも様々な実績を残してきた光本勇介氏は大きな注目を集めています。

今回は、そんな光本勇介氏が設立した会社の概要や光本勇介氏がおすすめする本などについてご紹介しましょう。

 

BANKの事業内容

パソコン 仕事

2017年2月20日に設立された株式会社BANKは、インターネットビジネスの企画や開発、運営を行っています。

目の前にあるアイテムが一瞬でキャッシュへと変えられる画期的なアプリの開発にも成功しているのです。

このアプリは、対象となるアイテムの写真を撮るだけですぐにキャッシュを受け取れるため、非常に便利なアプリとして注目度が高まっています。

対象となるアイテムは、身近にある洋服や財布、スマホ、金券、ギフト券などです。

また、TRAVEL Nowというアプリも株式会社BANKは手掛けています。

TRAVEL Nowは、アプリで旅行を予約できるので行きたい所へすぐにいけるというシステムになっています。料金は後払いも可能です。

株式会社BANKが開発したアプリはとても画期的なので気になっているという人も増えています。

 

光本勇介氏の経歴

男性

株式会社BANKの事業についてご紹介しました。

次は、株式会社BANKの代表取締役兼CEOを務めている光本勇介氏の経歴を見ていくことにしましょう。

 

光本勇介氏のプロフィール

光本勇介氏は、株式会社BANKの代表取締役兼CEO、STORES.jp株式会社の創業者兼取締役会長、hey株式会社の取締役を務めています。

出身地は神奈川県中郡二宮町で、誕生日は12月10日です。

現在は東京都港区南青山に暮らしています。

 

光本勇介氏の経歴

光本勇介氏は、10歳~18歳までデンマークとイギリスに暮らしていました。

2004年3月には青山学院大学国際政治経済学部を卒業し、同年4月に 外資系広告代理店であるオグルヴィ・アンド・メイザージャパンに入社します。

その後、2008年に株式会社ブラケット(現在のストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社)を設立し、代表取締役兼CEOに就任しました。

車の貸し借りをしたい人をマッチングするソーシャル・カーシェアリング・サービス「CaFoRe」やオリジナルの靴をデザインできる「Shoes of Prey」、モデルとモデルを求めている企業のマッチングサービス「ModelTown」などをリリースし、多くの実績を残してきました。

2013年には、 株式会社ブラケットをZOZOTOWNが運営する株式会社スタートトゥデイへ全ての株式を売却し、スタートトゥデイ社の株式945,000株と株式交換をすることでM&Aを実行したのです。

しかし2016年に、ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイに対してMBOを実施し、株式会社ブラケットの全ての株式を取得します。

また、2016年には株式会社ブラケットの代表取締役兼SEOを退任し、取締役会長に就任しました。

2017年になると株式会社BANKを設立し、代表取締役兼CEOとなります。

翌2018年に、hey株式会社も設立し、取締役に就任しています。

 

様々なメディアで取り上げられた経験あり!

株式会社BANKの代表取締役兼CEOを務めている光本勇介氏は、様々なメディアで取り上げられた経験の持ち主でもあります。

東洋経済オンラインやBUSINESS INSIDER JAPAN、CAREER HACK、EL BORDE、WWD JAPAN、GOETHEなどに取り上げられました。

これらのメディアの記事には、光本勇介氏が成功を収められたのはどうしてなのかというヒントが散りばめられています。

光本勇介氏について知りたいと考えている人であれば、1度は目を通したことがあるのではないでしょうか?

 

光本勇介氏がおすすめする本について

本棚

ここまでは、株式会社BANKの事業内容や光本勇介氏の経歴の経歴についてご紹介してきました。

続いては、株式会社BANKの代表取締役兼CEOを務めている光本勇介氏がおすすめする本についてご紹介しましょう。

株式会社BANKの代表取締役兼CEOを務めている光本勇介氏がおすすめしている本は、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』です。

 

どのような内容か

こちら葛飾区亀有公園前派出所』は秋本治氏によって描かれた漫画で、1976年~2016年まで『週刊少年ジャンプ』で連載されていました。

「こち亀(こちかめ)」という略称で親しまれていて、単行本は全200巻あります。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、亀有公園前派出所に勤務している警察官の両津勘吉を主人公として物語が進んでいきます。

両津勘吉を中心に、同僚や周辺の人々が色々なことを繰り広げるギャグ漫画です。

連載が始まったばかりの頃は特に劇画のような絵柄だったため、先駆的な作品として注目されました。

連載初期は、警察官といて型破りなことを繰り返す両津勘吉と仲間の仕事風景を中心に描かれていました。

 

しかし次第に、作者である秋本治氏自身の趣味や思想、主張を全面に押し出すような内容へと変化していったのです。

その中には、時代の流行を盛り込んだ話や時事問題を皮肉ったような話、人情的な感動できる話、ギャグ要素が全くないようなシリアスなエピソードもありました。

連載が軌道に乗った中期以降にも、世の中の流行を積極的に題材として取り上げて、機知に富む台詞回しや実験的なアイデアをふんだんに盛り込まれています。

こうしたアイデアが光本氏の発想力を鍛え、ユニークなアプリ開発などにつながっているのかもしれませんね。

 

読んだ人のレビュー

タブレット

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、とても個性的な漫画として人気を博してきました。

実際に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を読んだ人がどのような感想を抱いたのか、レビューをご紹介しましょう。

安定の面白さ。ギャグ漫画として完成度が高いです。

絵柄が古く、中川巡査のキャラも今とだいぶ違いますね。大原部長もまだいないし。

わがままを言わせてもらうと、相当昔の作品なのでもうちょっと安くて良いんじゃないでしょうか。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R35PC0ADYBN027/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4088528115

過去の作品は今とは違った風合いになっています。しかし、ギャグ漫画としての完成度は高いので、人気が継続している理由も良く分かります。

ただ、少し高いような印象を受けてしまう人もいるようです。

Kindle版がセールで安かったので購読。

今以上にとがっている両さん。今とは違ってぶっ飛んでいる中川さん。絵柄もみっちり書き込まれていて全体的に黒く感じたり。

今とはずいぶん違うけど当時から面白かったんだなあ。
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3QKHYICGMHMUD/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4088528115

Kindle版はセールで安く買えることがあるので、そのタイミングで購入する人もいます。

最近の作品とは絵柄が異なりますが、面白いことに間違いはないようです。

 

BANKの今後の展望について

スマホ画面

光本勇介氏が代表取締役兼CEOを務めている株式会社BANKは、画期的なアプリの開発などで大きな成功を収めています。

これまでになかったサービスを提供することは簡単なことではありませんが、それを実現できているため、これからもさらなる進化を遂げるのではないかと考えられます。

東洋経済オンラインやBUSINESS INSIDER JAPAN、CAREER HACK、EL BORDE、WWD JAPAN、GOETHEなどメディアに取り上げられた経験もあることから、大きな注目を集めている人物だと言えるでしょう。

そのため、株式会社BANKに対する期待値もかなり大きいのではないかと予想できます。

今よりもさらに画期的なアプリやサービスを発信していくだけではなく、既存のサービスをより充実させるような取り組みも行っていくのではないでしょうか。

このようなことを踏まえて考えてみると、株式会社BANKは今後もさらに飛躍していくと期待できます。

ABOUTこの記事をかいた人

大量にあふれる本の中、効率的に良書を見つけるため、ビジネスで成果を出し続けている社長や会長などがおすすめする本や、その方自身の著書を紹介しています!