フリークアウト代表の佐藤祐介氏がおすすめする本から挑戦する心を燃やそう!

インターネット関連事業を多く展開している大手企業Google(グーグル)出身である佐藤祐介氏は、とあるベンチャー企業に入社し、素晴らしい功績を残してきました。

今では取締役の共同代表として会社の看板を背負い、若手起業家としても有名となってきました。

ここでは、佐藤祐介氏についてと、彼を成長させた一冊の本についてご紹介していきます。

 

佐藤祐介氏が経営している会社とは?

グローバル

佐藤祐介氏が現在共同代表として経営を行っている企業は、株式会社フリークアウト・ホールディングスという会社です。

世界各国にグループ企業を抱えていて、主力事業の広告分野を活かしあらゆる国へフリークアウト(度肝を抜く)水準のプロダクトを世界中に提供しています。

広告事業はネイティブ広告ネットワークの運営、インターネット広告に関わるトレーディング事業、広告配信コンサルテーションの提供などを行っています。

また、現在ではグループ会社株式保有によるグループ経営戦略の策定・管理、新規事業も多く展開し、あらゆる事業でグローバル化を図ってきました。

各国でクロスボーダーマーケティングやメディアプラットフォーム事業を展開し積極的に世界にフリークアウトの事業を広めています。

数々の新しい産業を創出により、さらに創造的な社会に貢献している企業となります。

 

共同代表、佐藤祐介の驚くべき経歴

男性の手

現在佐藤祐介は共同代表としてフリークアウトの社長である、本田謙氏と一緒に会社を経営しています。

佐藤祐介氏は信頼がおける人物として、数々の経歴を持っています。

2009年、当時22歳で大学に在学していた佐藤祐介氏は、大学生でありながらも年商数億円を稼いでいました。

中古品の販売ECサイトを立ち上げ、開くと同時のたちまち成長し、学生時代からすでにビジネスを拡大していく経験を獲得していたのです。

そんなビジネスを立ち上げる前は普通の大学生だったと佐藤祐介氏は言っています。

昼に起床し、動画配信の仕組みを開発しながら毎日を送るだけだったとしていて、特別な活動をしていたわけではないようです。

しかし、以前からプログラミングに興味を持っており、中学生時にはゲームの攻略掲示板を作りたくて勉強し、プログラミングの知識はかなり持っていたそうです。

大学生時代に普及が進んだインターネットを用いて、当時佐藤祐介氏がはまっていたロードバイクの趣味と掛け合わせたらどうなるのだろう?という好奇心からサービスを生み出していったのです。

そうして、作りだされたECサイトの経験を活かしますが、24歳の時に事業を売却してGoogleに入社しました。

Googleでは広告製品を担当し、世界最高となるエンジニアが数多く在籍する企業で優秀な人材たちと共に仕事することで自分の成長につながったとしています。

得たのはグローバルで成功するビジネスの進め方で、26歳の時に自分で立ち上げた事業を世界に羽ばたかせるために複数の技術系スタートアップへの出資やソフトウェアの開発支援を行いました。

事業をコンサルティングし、常に自分の好奇心を判断軸に活動を行ってきました。

そして、27歳の時に現在代表を務めるフリークアウトを創業します。

当時アメリカでサービスが始められたばかりのRTB(リアルタイムビッティング)技術を国内で初めて開発しました。

これにより広告上に写る取引の様子をよりスピーディにし、リアルタイム入札が行えるネットオークションの発展に成功します。

28歳では株式会社イグニスに取締役として参画します。

さらに、30歳時にはフリークアウトはマザーズ市場に上場、そして多くの人を驚かせたのがその後の1ヶ月後にはイグニスもマザーズ市場へ上場させたことです。

こうして若手経営者として話題になり、2017年ではフリークアウトのホールディングス化、代表取締役社長に就任します。

2018年では新たな会社であるヘイ株式会社を設立、代表取締役として就任し多くの会社を持ちながらも会社1つずつを見事に成長させていきました。

現在はフリークアウトの共同代表の一人として会社を運営しています。

 

佐藤祐介氏に影響を与えた本とは?

本

素晴らしい経歴を残してきた佐藤祐介氏ですが、彼にこんなにも挑戦する気持ちを芽生えさせたのは一冊の本だとも言われています。

その本は「サルたちの狂宴」という本で、著者はアントニオ・ガルシア・マルティネスという方です。

著者本人が体験したエピソードが内容になっていて、かつて物理学の博士をやっていたアントニオが2008年の大きな金融危機を目の当たりにし、博士や働いていた会社を辞めてシリコンバレーに移住するところから始まります。

シリコンバレーで中堅スタートアップの社員、スタートアップ創業者、Facebookの社員として働くなど色んな話が盛り込まれた内容になっています。

また、体験してきたことをユーモア満載に、そして痛烈な批判を述べながらも進められていく話であるのが本書の特徴です。

今まで挑戦してこなかったジャンルに無知ながらも挑む姿、そしてウェブ広告を扱う会社でのスタートアップにより、独自の企業文化に悩みながらも苦労を共にする会社の仲間との話、資金調達をめぐる駆け引きで創業者と衝突、訴訟沙汰などスタートアップが経験するであろうあらゆる試練を乗り越えていく話になっています。

 

佐藤祐介氏がこの本で感動したこと

男性

この本を読んで、佐藤祐介氏はFacebookはとてつもなく大きなものを生むことができたと語っています。

モバイルタイムラインとアルゴリズムによって膨大な数のユーザー数がFacebook内で滞在時間を残せた素晴らしさ、またその滞在時間をインフェード広告によって効率的にドル紙幣印刷マシンを変えられたという事実を思い知らされたそうです。

そして、それを手掛けたCEOとなるマーク・ザッカーバーグのと広告ビジネス担当のシェリル・サンドバーグの意見はかみ合っておらず、現在の社会変化が激しきなっている状況から経営者の先見ばかりを受け入れるのではなく、状況に応じて即座に変化できる能力が必要だと分かったそうです。

佐藤祐介氏は変化途中の減衰初期のタイミングでも、積極的にチャレンジできる胆力、組織習慣こそが重要として学べた良いケーススタディーが「サルの狂宴」にはあると言っています。

 

本の口コミ評判は?

吹き出し

優れた実業家、佐藤祐介氏に広告業の経営者として影響を与えた『サルの狂宴』ですが、他に購入した方はどんな評価を付けているのでしょうか?

Amazonのレビューを見てみると多くの人が5段階評価のうち5を付けていることが多く、3から下のレビューはないほど面白く興味をそそられるものだと判断できます。

 

自分が読んだ本でこんなに生々しいスタートアップ本は無かったのではないか?
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R19823BHFD1QR2/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4152097752

内容は生々しく時にはスタートアップを批難するように書かれていますが、スタートアップがこんなにも苦労するものだと読んで理解できるのでしょう。

 

日本のスタートアップ界隈に属する者として、他人事とは思えず一気に読みきった。ただ、スタートアップの環境・生態系としては、やはりアメリカと日本では大きく異なることもわかった次第。
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R35O5SNKVBYKF1/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4152097752

スタートアップを経験した人は多いに共感できる内容のようです。

だからこそ佐藤祐介氏も一押しにするほど高評価であり、世界進出を図るが故に読んでおきくべき一冊としてお勧めしているのだと憶測できます。

 

今後のフリークアウトの展望

未来

来るであろうトレンドを見抜きながら事業を進められる佐藤祐介氏は、今後も世界各国に様々な事業を展開していくことでしょう。

株式会社ヘイで新たに培うキャッシュレス決済サービスやオンラインストア開設や運営サービスを手掛け、数多くのグループ会社をかけ持つフリークアウトでも事業進出していくと期待できます。

何事にもチャレンジする力を『サルの狂宴』によって学んだ佐藤祐介氏は、今後もとどまることを知らずに日本が誇る世界の実業家として名を馳せていくでしょう。