ランジェリーブランド「feast」の生みの親ハヤカワ五味さんがおすすめする本とは?

ハヤカワ五味氏は、株式会社ウツワの代表取締役を務めている人物で、feastというランジェリーブランドを手掛けている人物です。

SNSでも私生活を中心とした投稿を日々行っており、いろんな世代から親近感と共感を得ております。

今回は、そんなハヤカワ五味氏がおすすめする本や経歴などをご紹介しながら、ハヤカワ五味氏がどのような人物なのか探っていくことにしましょう。

 

「feast」の事業内容

女性

feastは「ありのままの自分を好きになれる」というコンセプトを持つランジェリーブランドです。

まるで魔法にかけられたようにフィットし、魅力を引き出してくれます。

 

feastが誕生したきっかけは、ハヤカワ五味氏自身が持つ悩みを改善したいという思いでした。

そんなfeastでは、シンデレラサイズと呼ばれる小さい胸(AカップやAAカップ、Bカップでもアンダーが細いなど)をコンプレックスに感じることなく、毎日の生活を送ってほしいと考え、商品の開発や販売を行っているのです。

feastではシンデレラサイズの胸のことをシンデレラバストと呼んでいます。

これには、「ありのままの状態をより美しく魅せる」という思いが込められているのですが、胸のサイズで悩んでいたハヤカワ五味氏だからこそ生み出すことができたと言えます。

feastはハヤカワ五味氏が幼いころから抱えていた悩みを解決したいという思いから生まれたのです。

 

では、そんなハヤカワ五味氏の経歴について見ていくことにしましょう。

 

ハヤカワ五味氏のプロフィール

女性

ハヤカワ五味氏は、1995年8月22日に東京都で生まれました。

2018年3月に多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科を卒業しています。

高校生の頃には、切り取り線をプリントした「キリトリ線ストッキング」を手掛け、デザインフェスタに個人出展したという経験も持っています。

子どものころからイラストを描くことが好きだったハヤカワ五味氏は、ゲームのアニメーターになりたいという夢を持っていた時期もありました。

現在使っているアーティスト名・ハヤカワ五味は、小学生時代に考えたハヤカワツバサという名前が由来です。

ファッションに興味を持つようになったのは、中学2年生の頃に読んだ『彼女を守る51の方法』という漫画のヒロインだったと言います。

ヒロインである岡野なな子がゴスロリファッションを着用していて、それを自分自身も着てみたいと思ったそうです。

 

ハヤカワ五味氏が抱えていた悩みとは?

下着

小学生のころから痩せ型で、食べてもなかなか太ることができませんでした。

もちろん胸のサイズも小さく、それを理由にいじられることも多く、自分の体に自信を持つことができなかったと語っています。

下着屋さんへ買い物に行っても、自分に合うサイズはないからと言って、友達の買い物が終わるまで店の端で待っていたこともあったそうです。

しかし、大学生くらいになると、「胸のサイズに関係なく下着を自由に選べたら良いのに・・・」と強く感じるようになり、自分自身でブランドを立ち上げることにしました。

それはハヤカワ五味氏が18歳の時でした。

その後、サンプルをSNSに掲載すると想像よりも大きな反響があり、多くの人が似たような悩みを抱えていることに気が付いたのです。

胸のサイズで悩んでいるのは自分だけではないと知ることができたハヤカワ五味氏は、もっと多くの人に自分が立ち上げたブランドを知ってほしいと思うようになります。

そして、下着だけではなく水着やキャミソールなども展開していくことで、幅広いニーズにもこたえられるようになっていき、現在では2万着以上もの商品を世の中に送り出しています。

 

ウツワ代表のハヤカワ五味おすすめの本

女性

feastを運営している株式会社ウツワの代表取締役であるハヤカワ五味氏は、自分自身が抱えていたコンプレックスを糧に事業に成功しました。

そんなハヤカワ五味氏は、これまでに様々な書籍などで学んできたのではないかと考えられます。

その中で、『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』という本をおすすめしているので、次はこの本についてご紹介しましょう。

 

本の内容

本

『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』は、

  • そもそもブランドとは何なのか
  • デジタルを活用したブランド戦略はどうしたら良いのか
  • 「顧客体験」というこれからの時代を生き抜くために必要な要素とはなにか

などについて紹介しています。

ブランドの初歩的な部分から解説されているので、初めて学ぶ人や学び直したいと考えている人のおすすめの1冊だと言えるのです。

また、デジタルが普及している今の時代だからこそできるブランド戦略もあります。

ブランド戦略というと、マス広告が必要だとか、お金がかかってしまうと思われがちです。

しかし、会社の規模や業態に合わせた伝達方法の幅はかなり広がっているので、ブランド戦略のヒントを得たいと考えている人にもおすすめの1冊となっています。

feastのハヤカワ五味氏は、『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』を読むことで、自分自身が立ち上げたブランドのブランディングを行っていったと考えられます。

そのため、SNSを活用して成功するなど、今の時代らしい結果を残しているのではないでしょうか。

 

読者のレビュー

メモ帳

『デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール』は多くの人に読まれています。実際に読んだ人のレビューも見ていきましょう。

タイトル通り基礎知識です。よく理解できました。特にブランディングでレバレッジを利かせる。個人的にはこの項目が役に立ちました。

ブランディングの提案書に使わせていただきました。

引用元:Amazon

ブランディングの基本が詰まっているので、提案書を作成する際にも役立ちます。

基本的な知識からしっかりと学びたいのであれば、ぜひ手にとってみると良いでしょう。

 

Feastの今後の展望

ブラジャー

胸のサイズが小さいというコンプレックスを抱えている女性に対して、「ありのままの自分を好きになれる」ような商品を提供しているブランドがFeastです。

ハヤカワ五味氏自身が幼いころから胸のサイズをコンプレックスに感じ、「胸のサイズに関係なく下着を自由に選べたら良いのに・・・」という強い思いからブランドをスタートさせました。

SNSでサンプルを掲載すると想像よりも大きな反響があり、同じような悩みを抱えている人はたくさんいることに気が付き、需要があることを再確認しました。

そして、立ち上げたブランドを1人でも多くの人に知ってもらいたいと思うようになったのです。

その結果、多くに人の手にfeastの下着が渡り、ハヤカワ五味氏と同じような悩みを持つ女性の後押しをしています。

「ありのままの自分を好きになれる」

こうしたコンセプトがfeastの商品には潜んでいます。

だからこそ、胸が小さいという悩みを持つ人に勇気を与えるのでしょう。

feastはこれからも多くの女性のサポートをしながら、成長していく可能性が高いブランドではないでしょうか!?