株式会社ジーンクエストの高橋祥子氏(代表取締役)がおすすめする本とは!

株式会社ジーンクエストの代表取締役を務める高橋祥子氏は、「化学と私」という本をおすすめしています。
おすすめ本「化学と私」の口コミや評判をチェックし、高橋祥子氏の人物像や本から学べること、株式会社ジーンクエストの将来性などを探ってみました。

株式会社ジーンクエストの会社概要

社名 株式会社ジーンクエスト
設立年月日 2013年6月20日
代表取締役 高橋 祥子
取締役 斎藤 憲司
資本金 110,000,000円
事業内容 遺伝子検査・解析サービス

高橋祥子氏が代表取締役を務めている株式会社ジーンクエストは、遺伝子検査の事業を展開しています。
日本初の個人向け大規模遺伝子検査・解析サービスの事業を展開する株式会社ジーンクエストは、様々なメディアでも取り上げられ注目されています。
株式会社ジーンクエストの遺伝子検査は届いたキットを返送するだけの手軽さで、遺伝子の解析が可能です。
遺伝子情報からは生活習慣病のリスクや体質の特徴などが分かります。

高橋祥子氏はどんな人物か

株式会社ジーンクエストの代表取締役である高橋祥子氏は、分子生物学と統合オミクス分野の専門家です。
京都大学農学部を卒業後、東京大学大学院にて農学生命科学の研究を行っています。
生命科学の分野はビジネス界でも注目されており、高橋祥子氏は遺伝子業界の新時代を担う人物として期待されています。
高橋祥子氏の家族や親戚には医師や研究者が多く、身近な存在である父親は医師、叔父は医学研究者という環境で育ちました。
病気になった人を治す医師、医学研究者が身近にいたからこそ、そもそも病気を予防することはできないのかという思いが募り、広い視点から生命に携わる仕事をしようと遺伝子研究を志したのでしょう。
高橋祥子氏は東京大学大学院の博士課程在籍中にジーンクエストと起業しています。
東京大学大学院農学生命科学研究科長賞を受賞し、テクノロジー&ビジネスプランコンテストでは優秀賞を獲得しています。
受賞歴は華々しく、他にもForbes「30 Under 30 Asia 2016」に選出され、経済産業省「第二回日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)と「日本バイオベンチャー大賞」日本ベンチャー学会賞も受賞しました。
Newsweek「世界が尊敬する日本人100」に選出された女性としても有名です。

高橋洋子氏のおすすめの本は「化学と私」

生命科学の研究者である高橋祥子氏は、研究を活かしたビジネスを立ち上げた経営者です。
高橋祥子氏が勧める「化学と私」という本についてご紹介しましょう。

■本の内容は?

「化学と私」は日本人として初めてノーベル化学賞を受賞した福井謙一氏の著書です。
雑誌に投稿された原稿などをベースに編集された本なので、それぞれの投稿は短めで比較的読みやすい本でしょう。
福井謙一氏は1981年度にノーベル化学賞を受賞した人物で、本書には博士の対談や論文、講演などが盛り込まれています。
化学と人間について、フロンティア軌道理論の展開についてなどの項目から、博士がどのように学問に向き合い、どのように生きたかが分かる興味深い一冊です。

■「化学と私」のレビュー

“地道に努力して着想を得ておられ、その着想を散歩によって育て、研究室で科学的・論理的に展開して理論を構築されていた実体が手に取るように判る。”

ノーベル賞受賞と言う偉業を成し遂げた福井謙一氏が、地道な努力の末に着想を得てきたということに感銘を受けざるを得ません。
化学反応という現象の向こう側にある本質を見極めた博士の研究者としての在り方がわかる良書と言えるでしょう。

“研究や開発で壁に付き当たった人は是非読んでほしい。力づけられます。”

研究や開発を目指すために人はどうあるべきかを教えてくれる本だということが分かります。

“前向きな姿勢が、元気をくれます。”

福井謙一氏の誠実な性格と前向きな姿勢から元気をもらったという人もいます。

“化学と人間を語りながら、21世紀の新しい人間観を示してくれる良書です。”

日本人で初めてノーベル化学賞を受賞した福井謙一氏は、新しい時代の人間観を見据えながら研究を行ってきました。
これから自然科学が抱える可能性が高い課題にまで言及した本書は、1982年に刊行されたとは思えない先進的な部分に触れる1冊だからこそ、今まさに新しい時代を築こうとする高橋祥子氏の心を震わせた本とも言えるでしょう。

株式会社ジーンクエストの将来性

高橋祥子氏のおすすめ本「化学と私」からは、地道な努力をベースに新しい時代を、未来を築いた科学者のあり方、生き方が伝わってきます。
「化学と私」を愛読する高橋祥子氏の株式会社ジーンクエストも、未来のための遺伝子解析を広めるために尽力しています。
福井謙一氏は著書「化学と私」の中で、経験則のみで語らずに理由付けし、体系化することの大切さを伝えて当時の化学界に革命を起こしました。
これからの医学界、生物学界においても病気などを経験則のみで語る時代は終焉を迎えるでしょう。
今後はなぜ病気が起こるのかという理論的なアプローチが必要となってきます。
病気を未然に防ぐための理論的アプローチの代表的手法が遺伝子解析です。
細胞を採取して遺伝子解析をすることで、病気の罹りやすさや体質などのDNA情報が判明し、ガンや糖尿病など深刻な疾患を未然に予防したり、自分に合ったダイエット法を実践できたりします。
高橋祥子氏の株式会社ジーンクエストは、遺伝子解析結果を生活に活かすという新しい時代を生きる人々を支える会社として今後も成長し続けるでしょう。
新しい技術である遺伝子解析は、倫理的にも法的にも議論が必要な分野でもあります。
だからこそ、高橋祥子氏の株式会社ジーンクエストは正しい遺伝子の使い方を広めながら、多くの人が豊かな人生を歩めるように研究を続けています。
より良い未来のために、株式会社ジーンクエストの今後に期待していきましょう。