メタップス代表の佐藤航陽氏がおすすめする本とは?

株式会社メタップスは、「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」という企業理念に基づいて事業を展開している会社です。

佐藤航陽氏が創業した株式会社メタップスはどのような会社なのか、佐藤航陽氏はどのような人物なのかといったことを、おすすめの本を交えながらご紹介しましょう。

 

メタップスの事業内容

仮想通貨

株式会社メタップスでは、顧客のニーズに沿う決済ソリューションの提供や正しくICOを行うためのコンサルティング、安全性の高い交換所の紹介、上場推薦・上場審査、トークンの売買代理などを行っています。

またそれだけではなく、オンライン広告の配信の支援やマーケティングソリューションの提供などもおこなっているため、幅広い事業を展開している会社だと言えるでしょう。

これらの事業は、「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」という企業理念に基づいて展開されています。

インターネットが普及し、様々な場所で活用されている今の時代に適したサービスを提供していこうという思いも企業理念から伝わってくるようです。

 

佐藤航陽氏の経歴

男性

時代の最先端を行く事業展開をしている株式会社メタップスの代表取締役会長を務めているのが佐藤航陽氏です。

佐藤航陽氏はこれまでに数々の実績を残してきました。次は、佐藤航陽氏の経歴を見ていくことにしましょう。

 

佐藤航陽氏のプロフィール

佐藤航陽氏は、1986年に福島県で生まれました。

15歳のころから、自己流の商売を始めることで生活費などを稼ぐようになったと言います。

大学は早稲田大学に入学しましたが、1年生で中退してしまうという驚きの経歴を持っている人物でもあります。

 

大学中退後の佐藤航陽氏は?

大学を中退後、20歳の時に150万円の資金で起業しました。

高校生の頃は弁護士を目指し早稲田大学に入学したものの、弁護士になるためにはお金と時間が膨大にかかってしまうことを理由に断念したと言います。

弁護士と起業家はまるで違うように感じますが、佐藤航陽氏は対して変わらないと考えています。

佐藤航陽氏自身の人生の目的が世の中の仕組みを良いものへ変えていくことなので、法曹界から実業界に変わっただけだと言うのです。

また、大学1年生で中退して就職をすることも難しいため、起業という選択肢しかなかったとも佐藤航陽氏は考えています。

 

株式会社メタップスの創業は大学在学中だった

大学

佐藤航陽氏はまだ大学に在学していた2007年に株式会社メタップスを設立し、代表取締役に就任しています。

2011年には、アプリを収益化するプラットフォーム「Metaps」を開始し、世界に8つの拠点を置くほどまで事業を拡大することに成功しました。

そして2015年には、東証マザーズに上場する上場企業にまで昇り詰めたのです。

数年の間に会社を大きく成長させた佐藤航陽氏ですが、「テクノロジーでお金のあり方を変える」というミッションを達成するために、決済・通貨・融資・投資・保険・管理という6つの分野で積極的に事業を展開していきました。

そんな素晴らしい事業を行ってきた佐藤航陽氏は、フォーブスの「日本を救う起業家ベスト10」やAERAの「日本を突破する100人」、アジアを代表する30歳未満を集めた「Under 30 Asia」など選出されたこともあります。

このことから、佐藤航陽氏は日本国内だけではなく、世界的に注目されている起業家ということが分かるでしょう。

 

佐藤航陽氏がおすすめする本

図書館

素晴らしい経歴を持つ佐藤航陽氏は、世界的に注目さている若き起業家だということをしっていただけたでしょう。

続いては、そんな佐藤航陽氏がおすすめする本をご紹介します。それは、『知ってるつもり-無知の科学』です。

 

『知ってるつもり-無知の科学』はどんな本なのか

佐藤航陽氏がおすすめする『知ってるつもり-無知の科学』は、スティーブン スローマンとフィリップ ファーンバックが執筆し、土方奈美氏が翻訳した書籍です。

天才編集者として話題の箕輪厚介氏も絶賛している1冊で、ビジネス人であれば必読の1冊だと言っても過言ではないでしょう。

様々な分野で活躍する人がおすすめしている本でもあるため、間違いのない1冊です。

そんな『知ってるつもり-無知の科学』は、インターネットで調べただけで知ってるつもりになっていること、また普段何気なく使っているものの仕組みを説明できるくらい詳しく知ってるつもりになっていることを私たちに教えてくれます。

さらに、どうして自分の理解度を過大評価してしまうのか、高度な文明社会をなぜ営むことはできているのかといった疑問の答えも見つけられます。

スティーブン スローマンとフィリップ ファーンバックという2人の気鋭の認知科学者コンビが、行動経済学から人工知能まで幅広い研究結果を駆使して私たち人間が持つ治世の本質に迫っていきます。

思考停止することなく突き抜けていきたいと考えているのであればぜひ読んでみてください。

 

佐藤航陽氏は、『知ってるつもり-無知の科学』を読むことで、自分自身の思い込みというブロックを外すことができたのではないかと考えられます。

そのため、様々な実績を残せるほどの人物に成長することができたのでしょう。

 

『知ってるつもり-無知の科学』のレビュー

『知ってるつもり-無知の科学』は、多くの人に読まれている書籍です。では、『知ってるつもり-無知の科学』を実際に読んだ人のレビューを見ていきましょう。

無知であることにがっかりせずに、どんどん認知して他者とのつながりを作っていくことが重要である。自分が自分であることを肯定できる。
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2HJAFLY65F154/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4152097574

無知だと言われるとがっかりしてしまう人もいますが、このようにポジティブにとらえることもできます。

自分自身を肯定するきっかけにもなる1冊だとこのレビューから分かります。

 

一説によると、1GB程度だそうです。
文字情報ならともかく、映像や動画が記憶に含まれていることを考慮すると、全然足りません。
無知なのは当然でしょう、という論理がおもしろかったですね。

その少ない情報量を、実に器用に利用するのが大脳だそうです。おすすめします。意外と手軽に読めます。
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3FTQ4NSRDQQ5M/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4152097574

なぜ私たちは無知なのかを分かりやすく説明していることがこのレビューから伝わってきます。

手軽に読める1冊なので、ぜひ目を通してみてください。

 

メタップスの今後の展望

男性

佐藤航陽氏が代表取締役会長を務めている株式会社メタップスは、ICOを行うためのコンサルティング、安全性の高い仮想通貨交換所の紹介、上場推薦・上場審査、トークンの売買代理、オンライン広告の配信の支援やマーケティングソリューションの提供などの事業を行っています。

これらの事業によって、世界的な規模を誇る会社へと成長したのです。

株式会社メタップスを大きな会社へと成長させた佐藤航陽氏は、フォーブスの「日本を救う起業家ベスト10」やAERAの「日本を突破する100人」、アジアを代表する30歳未満を集めた「Under 30 Asia」など選出された経験も持っているので、世界的にも注目されています。

佐藤航陽氏がこのように成長できたのは、おすすめしている『知ってるつもり-無知の科学』という本の影響も受けているのではないかと考えられます。

今後は、これまでの経験を活かしながら、佐藤航陽氏を筆頭に株式会社メタップスはさらなる発展を遂げていくと予想できるでしょう。

そして、今よりも知名度が高まっていき、世界各国で発展的なビジネスを展開する可能性も期待できます。

現在でも世界に拠点を置いていることから、不可能なことではないと考えられます。