ムスカ代表の流郷綾乃氏がおすすめする本とは?

流郷綾乃氏は、株式会社ムスカの代表取締役を務めている人物です。

若くして企業の代表取締役を務めることになった背景には、流郷綾乃氏の熱い思いが隠されています。

今回はそんな流郷綾乃氏がどのような人物なのか、株式会社ムスカはどのような事業を行っているのか、流郷綾乃氏がおすすめする本をご紹介しましょう。

流郷綾乃氏の経歴やおすすめする本について気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ムスカの事業内容について

エコ イメージ

流郷綾乃氏が代表取締役を務めている株式会社ムスカは、イエバエを利用し、バイオマス100%のリサイクルを実現した会社です。

株式会社ムスカのバイオマスリサイクルシステムは、環境への優しさはもちろんですが、経済性も実現しています。

それによって、持続可能な社会の実現に貢献しているのです。

株式会社ムスカのバイオマスリサイクルシステムの中で生産される飼料は、耐病性付与効果や誘引効果、増体効果などが実証されているため、注目度が高まっています。

また有機肥料も生産されていて、土壌改善効果や農作物の成長促進効果、病原菌抑制効果、農作物の収穫量の増加などの効果が期待できるため、世界中の食糧インフラを持続的に成長させるためにも貢献しています。

 

流郷綾乃氏の経歴について

女性

株式会社ムスカの代表取締役は、とても若い女性が務めています。

続いては、株式会社ムスカの代表取締役を務めている流郷綾乃氏の経歴についてご紹介していきましょう。

1990年に生まれた流郷綾乃氏は、高校を卒業してからアロマセラピストとして働き始めます。

アロマセラピストとして活躍している時に結婚や出産を経て、21歳の時に営業代理店に就職しました。

そして、25歳の時にフリーランスへ転向し、様々な企業で広報業務や人材教育などを担当してきました。

28歳になると株式会社ムスカの暫定CEOに就任したことから、かなり実力のある人物だと言えるでしょう。

暫定CEOという言葉はあまり聞き慣れない肩書ですが、これは株式会社ムスカが経営者というポジションを募集していることを表しているのです。

CEOというポジションが空いているということを伝えるためのユニークな戦略だと言えます。

しかし、何となくそのような肩書にしているわけではなく、事業の成長のために必要な職務は全うしています。

現在の取り組みを行うようになったきっかけは、流郷綾乃氏自身が営業することが苦手だったことが背景にあります。

自ら営業をしなくても興味を持ってもらうためにはどうしたら良いのか考えたところ、PRが重要だと気付いたのです。

株式会社ムスカにはフリーランスで活動している時に出会い、「自分の子どもが80歳になった時でも、その事業が多くの人の役に立っているかどうか」という基準で見た時に、株式会社ムスカが手掛けている事業はぴったりと当てはまったと言います。

世界的に問題視されている食糧危機を解決へと導いていくためには、ハエの力を借りて持続可能な社会へと変えていくことが重要なポイントであり、魅力的だと感じたそうです。

そして、株式会社ムスカの創業メンバーからCEOとして表に立ってほしいという打診を受け、次のCEOにバトンを渡すための暫定CEOという役職に就任しました。

流郷綾乃氏が若くして暫定CEOという役職に就任できたのは、どのような時でもブレないしっかりとした軸を持っていたからです。

理想的な働き方をするためには、どのような時でもブレないしっかりとした軸を持ち、自分自身の強みを活かせるような場面を引き寄せていくことも重要だと流郷綾乃氏の生き方から感じられます。

 

流郷綾乃氏がおすすめする『ネクストソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる』について

本棚

株式会社ムスカの暫定CEOを務めている流郷綾乃氏は、自分をしっかりと持っている人物だということが分かりました。

では、そんな流郷綾乃氏がおすすめする本とはどのようなものなのかご紹介していきましょう。

 

流郷綾乃氏がおすすめする『ネクストソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる』とは?

流郷綾乃氏がおすすめする本は、『ネクストソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる』です。

まずは、この本がどのような内容なのかご紹介します。

『ネクストソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる』は、ピーター・ドラッカー氏によって執筆され、上田惇生氏によって翻訳されました。

ピーター・ドラッカー氏の未来予測で、「日本にとっての最大の問題は(経済ではなく)社会のほうである」としています。

そして、これから来るだろう未来を予測し、どのような問題や脅威が起こる可能性があるのかを明らかにしています。

トップマネジメントやビジネスパーソンなどへの啓蒙という意味でも重要な意味を持つこの本は、経営者にとって是非読んでおきたい1冊と言っても過言ではないでしょう。

流郷綾乃氏は『ネクストソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる』を読んで、これからの時代を生きていくためにはどのような事業展開が必要なのかを考えたのではないでしょうか?

そして、株式会社ムスカが手掛けている事業こそ、これから起こり得る問題や脅威を少しでも改善するために必要なものだと感じたのではないかと考えられます。

 

『ネクストソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる』のレビュー

『ネクストソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる』は、多くの人に読まれている本でもあります。

『ネクストソサエティー歴史が見たことのない未来がはじまる』を読んだ人のレビューを参考に、どのような本なのかという理解を深めていきましょう。

あの瓦礫となった

東北震災の爪痕を見て、日本人は終戦直後の日本を思い出しました。あれ以来、日本では想像もできない規

模とレベルで静かにイノベーションが始まりまっています。今までの歴史で経験したことのない自発的な未来創造型の驚愕の無数の技術革新です。それは伏流のように進行しているため決してビッグデータなどの薄っぺらな仕組みでは捉えることのできない流れのように思えます。ドラッカーのこの本は、その本質を突いた驚くべき著作です。未来社会の創造にチャレンジしている日本人にとってこの上ない励ましの書だと思います。

引用:https://www.amaz

on.co.jp/gp/customer-reviews/R19WWIPVDOJG1C/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4478190453

未来社会の創造していくために必要な本質が詰まっているこの1冊を読むことで、これからの時代をどう生きていくのかという指標になります。

そして、私たちは間違っていなかったことを示してくれる1冊にもなるでしょう。

ムスカの今後の展望について

自然

流郷綾乃氏が代表取締役を務めている株式会社ムスカは、イエバエを利用し、バイオマス100%のリサイクルを実現するという他にはない実績を残しています。

持続可能な社会を実現することが様々な分野で課題になっている中、その課題をクリアするためのヒントを見つけられたと言っても過言ではないでしょう。

そんな株式会社ムスカは、これからの時代の大きな課題となっていく食糧インフラを持続的に成長させることについても解決の糸口を見つけています。

このようなことを踏まえて考えてみると、流郷綾乃氏が代表取締役を務めている株式会社ムスカは、将来性のある会社だと言えるのではないでしょうか?

さらなる研究によって、株式会社ムスカのバイオマスリサイクルシステムの中で生産される飼料や有機肥料もより効果が高まっていくことも予想されるため、大きな期待を持てることに間違いありません。

世界的にも重要な課題となる様々な問題を解決するために、イエバエを活用した他にはない取り組みを行っていくと予想できます。