エステーの鈴木喬氏(会長兼社長)がおすすめする本とは!

エステー株式会社の取締役会会長兼代表執行役社長である鈴木喬氏は、「マキアヴェッリ語録」という本をおすすめしています。

今回は鈴木喬氏がどんな人物なのか、「マキアヴェッリ語録」とは一体どんな作品なのかを迫っていき、さらにエステー株式会社の今後の展望を考察してみました。

マキアヴェッリ語録がどのような本なのか、鈴木喬氏のルーツや考え方を知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

エステー株式会社の会社概要

社名 エステー株式会社
設立年月日 1948年8月31日
資本金 70億6,550万円
従業員数 連結948名/単体435名

独自で開発したエアケア技術を用いて空気ビジネスを切り開いてきたエステー株式会社は、顧客の暮らしを明るくするお手伝いしています。

消臭芳香剤や防虫剤、脱臭剤、除湿剤などを提供しニッチな市場にて、高いマーケットシェアを実現している企業です。

鈴木喬氏とはどんな人物なのか?

取締役会議長兼代表執行役会長である鈴木喬氏は「運」と「勘」と「度胸」を信じ、貫いてきた人物です。

1935年1月18日に東京都で生まれ、1959年に日本生命保険相互会社に入社して法人営業のトップセールスマンとして活躍を見せてきました。

1986年にはエステー株式会社に入社し、1998年に代表に就任後は、これまであった商品の品種数を3分の1にまで減らし、数少ない品種数で市場を渡ってきました。

今までになかった商品を作りたいと願った鈴木喬氏は開発に力を注ぎ、誰もが欲しくなるような商品を多く生み出してきました。

商品だけではなく経営面でも大胆な改革をもたらし、さらに市場規模の大きい会社へと発展させてきたのです。

そんな鈴木喬氏は、ある種の壊し屋とも言われています。

リーマンショックによって大きな大打撃を受けた日本企業ですが、そのような状況の中でも決して屈することなくエステー株式会社は進んできました。

「これでいい」と甘んずることなく、自分に厳しく運営をしてきた鈴木喬氏は、自信喪失させずに遺憾なく努力を発揮してきています。

そんな働き方に感化された従業員は多く、自社の現状に満足することなく一つひとつを壊し改革し、ある意味での「壊し屋」としてエステー株式会社を成長させてきました。

鈴木喬氏がおすすめする本とは?

革命を起こしてきた鈴木喬氏ですが、一体どのような本をおすすめしているのでしょうか?
ここからは、鈴木喬氏自身が影響を受けた本である「マキアヴェッリ語録」について迫っていきます。

「マキアヴェッリ語録」について

「マキアヴェッリ語録」は、中世イタリアの思想家であるマキアヴェッリの言葉をまとめた語録集になっています。

マキアヴェッリが現実社会を直視して、あらゆる理論や道徳を排した思想真髄が一冊にまとまっています。

「いかなる手段もその目的にとって有効ならば正当化される」という言葉や「人間は必要に迫られなければ善を行わない」などのマキアヴェッリズムで読む人の心に様々な影響を与えてくれることでしょう。

「マキアヴェッリ語録」のレビュー

主に君主論、政略論、そしてフィレンツェ史や手紙からの抜粋集です。特に政略論からの引用に関して民衆の集団心理を良く理解しておりまるで現代まで生きてて世界を見てたのでは? と錯覚するほどの優れた目をもっています。マキャベリの著書を読んだことない人はこれで他の著書にも興味を持つと思います。

引用元:Amazon

時代が移り変わっても多くの人に興味関心を与えてくれる本でしょう。

優れた感性によって、読み手もマキアヴェッリのような感性になるようです。

現代社会に生きる上でも大変役に立つ知識。当たり前のことが書いてあるのだが、実際に自ら実践できていないことも多く、それが自然に何の抵抗もなく心に染みこんでくる。塩野さんのマキアヴェリ愛も良いです。
引用元:Amazon

現代社会においても参考になることがたくさん書かれています。
読み手にすんなりと入ってくる言葉でまとめられた一冊なので語録集を初めて読む人にもピッタリです。

「マキアヴェッリ語録」から学べること

現代でも通じる思想が学べる「マキアヴェッリ語録」では、どんな環境変化にも対応できる心を身に付けることができるでしょう。

時代が変わっても多くの人から愛されているマキアヴェッリから学べる言葉は多いです。

一度読むことによってどんどんマキアヴェッリの思想に引き込まれ魅力を感じていくことでしょう。

特に会社を営む人にとっては、君主や指揮官という立場に立つ上でこれほどまでに、正しいと思える書籍は「マキアヴェッリ語録」だけとも言われています。

様々な語録に影響を受けて、どんな社会の移り変わりにも対応していける人物になれることでしょう。

エステー株式会社の今後の展望

エステー株式会社はこれまでに、空気事業で社会の期待や要請に応えてきました。

SDGsやパリ協定以降注目されている「2050年CO2ゼロ社会」という目標に向かって事業企画・開発を進めています。

独自のエアケア技術を活かし、日本が抱える様々な問題解決に取り組んでいく予定となっています。

エステー株式会社では職場環境の整備と人材育成も強化していきながら、さらなる発展に努めています。

この先もずっと、持続できることを行っていき多くの人に喜ばれる事業で社会環境を向上させていくと期待できるでしょう。